Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-龍吟虚空-

楽曲解説 -ラ・ワ・ン行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

龍吟虚空(リュウギンコクウ)/
龍吟(リュウギン)

 尺八古典本曲、明暗対山(ミョウアンタイザン)の本曲。鳳叫虚空と双璧をなして格調高い曲想をなしている。虚空の一種。曲名、龍吟は邦楽音階の下無調の別名でもあり、そこからきている。鳳叫虚空を陰陽の陽や太陽を現すのに対して、龍吟虚空は陰や月をあらわす。
 「龍吟すれば雲起こり、虎嘯けば風を生ず」、物事のすさまじい情景を表す言葉。
 琴古流や明暗真法流吟龍虚空とは名前が似ているが別物。

信州小布施にある天井絵「龍図」、尺八修理工房幻海
画像は、葛飾北斎画の龍図(Wikipediaより)

その他のラ・ワ・ン行の楽曲

龍吟虚空 霊慕 林雪 六段 六段恋慕 鈴慕 練習曲 蓮芳軒喜染軒伝三谷 蓮芳軒喜染軒伝鶴之巣籠 恋慕流し 若菜 若葉 和光 若人の歓び わたづみの調

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介