Top -トップ->Study -尺八の考察->-尺八用語集->-ラ・ワ・ン行-

尺八用語集 -ラ・ワ・ン行-

 尺八の演奏技法や諺などの用語集。

リズム

 メロディ(旋律)やハーモニー(和声)と相互に影響し合って楽曲を構成する、音楽の基本的要素のひとつ。リズムの種類は拍子によって異なり、さらに各拍子のリズムパターンの種類によっても分類される。

 尺八の低音部の音(一尺八寸でいうところのD~C♯まで)のこと。また、乙音と同義。琴古流で表記されることが多い。尺八の乙音は、サックスに近い音がする。

リバーブ

 残響のこと。さまざまな遅延時間をもった複数の反射音(エコー)が合成されることで得られる効果。
 エコー(ディレイ)が山びこの現象であるのに対して、リバーブは風呂場やコンサートホールのような反響・余韻を残す状態を指す。このリバーブによって音の厚みや奥行き、広さといったものを人間は知覚することができる。録音したものには、加工することで機械的にリバーブを付加する事ができる。

連管

 尺八の2重奏、またはそれ以上の重奏のこと。あるいは、同一パートを2管、またはそれ以上の尺八で演奏することをいう。

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八修理工房幻海