Top -トップ->Study -尺八の考察->尺八、ゆかりの地>虚無僧穴

尺八・虚無僧、ゆかりの地

文字が小さくて観にくいと感じたらコチラ
  文字サイズ拡大  

虚無僧穴 

 虚無僧穴 参考写真、尺八修理工房幻海福岡県の北東部に位置する平尾台(カルスト台地、国の天然記念物に指定されている)にある縦穴の洞窟で、深さは約98mもある。平尾台内でも最深の洞窟。

 昔、虚無僧が近くに住み着き、その者が亡くなった後も洞窟から尺八の音が聞こえてくるとも、恋物語に関係するともいわれているが・・・名前の由来などの詳細は調査中

※左の写真:☆北Q発!探検日記☆ 様よりご提供いただきました。

平尾台 参考写真、尺八修理工房幻海平尾台:
山口県の秋吉台、愛媛県と高知県とに跨る・四国カルストと並んで日本三大カルストの一つ。標高370~710m、台上面積約12平方kmの範囲に広がり、石灰岩が羊の群れのように点在する草原や、目白洞・千仏洞・牡鹿洞・青龍窟などの様々な鍾乳洞、大小のドリーネ(雨水などの浸食によって石灰質が溶けてできる窪地のこと)といったカルスト地形が広がっている。
※写真は、Wikipediaより

平尾台自然の郷
住所:北九州市小倉南区平尾台一丁目 1-1

虚無僧穴とその近郊 -風景写真-

※写真をクリックで拡大表示します。