Top -トップ->Study -尺八の考察->尺八、ゆかりの地>虚無僧寺組織案内>奥州十一ヶ寺組合

尺八・虚無僧、ゆかりの地

虚無僧寺組織案内

全国津々浦々にある尺八・虚無僧ゆかりの地。それら普化宗虚無僧寺の組織を解りやすく図解し、改めて尺八の根源というか、流派の流れなどを確認したいと思う。とはいえ、ほとんど寺とは名ばかりの草庵のようなもので、しかも取り壊れたところがほとんど。追跡調査もなまなかではない。もし、詳しい情報を知っている方おられたらどうぞご連絡いただきたい。

文字が小さくて観にくいと感じたらコチラ
  文字サイズ拡大  

普化宗虚無僧寺 奥州十一ヶ寺組合

ここで言うこところの陸奥(むつ)/奥州(おうしゅう)は、現在の青森県・岩手県・宮城県・福島県と秋田県の一部を指し、江戸時代までの呼び名である。明治維新以降は、陸奥(むつ・青森県)・陸中(りくちゅう・岩手県と秋田県の一部)・陸前(りくぜん・宮城県と岩手県の一部)・磐城(いわき・福島県東部と宮城県南部)・岩代(いわしろ・福島県)にそれぞれ分割された。

根笹派の一部は、弘前藩の津軽公の下に集まり、藩公認の流派「大音笹流(錦風流)」となった。

普化宗虚無僧寺 奥州十一ヶ寺組合所属

奥州福島 蓮芳軒
(連芳寺)
奥州十一ヶ寺所属現在:福島県福島市春日町14-52(慈恩寺、蓮芳軒本寺)
〃福島市山口寺前5(安洞院、神保政之助墓・史料館)
〃福島市大町周辺(もと慈恩寺・蓮芳軒があった)
※ 蓮芳軒伝 鶴之巣籠
奥州川俣 清涼軒
(青龍軒・清鈴寺)
奥州十一ヶ寺所属現在:福島県川俣町
奥州中村 喜染軒奥州十一ヶ寺所属現在:福島県相馬市中村 菩提寺:東泉寺
※ 喜染軒伝 鶴之巣籠
奥州塙 武(無)音寺奥州十一ヶ寺所属現在:福島県東白河郡塙町
奥州石城 高(光)岸寺奥州十一ヶ寺所属現在:福島県石城市植田町
奥州二本松 鈴沢寺奥州十一ヶ寺所属現在:福島県二本松市 菩提寺:竜沢寺
奥州増田 布袋軒
(不退軒)
奥州十一ヶ寺所属現在:宮城県増田
※ 長谷川東学:宮城野鈴慕布袋軒鈴慕
奥州白石 武縁寺奥州十一ヶ寺所属現在:宮城県白井市中町沢端 菩提寺:傑山寺
奥州金成 金成寺奥州十一ヶ寺所属現在:宮城県金成町下町 菩提寺:竜国寺
※ 小野寺源吉:小野寺源吉伝の鈴慕、宮城鈴慕
奥州花巻 松巌軒奥州十一ヶ寺所属現在:岩手県花巻吹張町
※ 松巌軒鈴慕
奥州 臥龍軒奥州十一ヶ寺所属現在:山形県山形市旅篭町 菩提寺:長源寺
※下記参照
奥州 風袋寺/風袋軒奥州十一ヶ寺所属現在:秋田県秋田市堀内矢橋 江戸中期に廃寺
※ 秋田之曲(秋田菅垣)

※ 琴古流竹友社の初代・川瀬順輔は、もとは仙台伊達家の武家出身の虚無僧・榊原道之助(三虚山)に尺八の手解きされた。流浪の虚無僧と別れた後は、各所に師を求め、臥龍軒の元貫主であった金山金右衛門に教えを請うたが「(廃宗に伴い)尺八を捨てた」と教わることができず、ついには荒木古童(竹翁)に出合ったという。

普化宗虚無僧寺 その他奥州の無院の寺

奥州米岡 三夕軒鈴沢寺末現在:宮城県米岡
奥州小山田 葉流庵高岸寺末現在:
奥州山神 花林軒武音寺末現在:
奥州鶴師 門笠庵-現在:
奥州高尾 学心庵-現在:
奥州潟沢 門流庵-現在: