Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-松巌軒鈴慕・宮城鈴慕-

楽曲解説 -マ行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

松巌軒鈴慕(ショウガンケンレイボ)/
宮城鈴慕(ミヤギレイボ)/
宮城野鈴慕(ミヤギノレイボ)

 尺八古典本曲、奥州系の鈴慕。根笹派錦風流の別伝鈴慕の一種。伝承系統によって若干の曲相と名称が異なる。別名、小野寺源吉伝の鈴慕、宮城鈴慕、宮城野鈴慕、布袋軒鈴慕、奥州鈴慕、臥龍軒伝の鈴慕(高橋空山伝)、金成(城)寺伝の鈴慕(折登如月伝)、明暗鈴慕、倭鈴慕(佐野東界伝)などと呼ぶ場合もある。後に神如道(ジンニョドウ)が、小野寺源吉伝と小梨錦水(コナシキンスイ)伝の鈴慕を区別する為、松巌軒鈴慕(ショウガンケンレイボ)と改名した。
 曲相は、「竹調べ-本手(滝落、鈴慕)-高音-高音返し-鉢返し(本曲)-結び」の六部構成。曲全体で、奥州地方の特徴的なユリ奏法である底ユリ(通常のユリとは異なり、首振りではない。通奏低音のような効果がある)をおこなう。九州地方の男性的な吹き方に対して、女性的な鈴慕、女鈴慕などとも呼ばれ、雪深い地方の独特な情緒と深い精神性の感じられる曲。雪を踏みしめて歩くかの如くの趣がある。チ~ウの指使いと打ちが軽妙で人気がある。
 小野寺源吉(オノデラゲンキチ、1854年~1928年)は、宮城県出身の尺八の名人で金成寺の虚無僧として托鉢行脚をしている時に弘前市の根笹派錦風流・乳井月影(ニュウイゲツエイ)と交流を持った。小野寺源吉は、当地で錦風流を学び、その変わりにこの鈴慕と巣籠りを錦風流に伝えたといわれている。伝承は「長谷川東学(ハセガワトウガク)ー小野寺源吉ー折登如月(オリトニョゲツ)ー神如道」など。小梨錦水から布袋軒鈴慕を学んだ浦本浙潮は、樋口対山と宮川如山に伝えた際に宮城野鈴慕と改題したといわれ、さらに樋口対山は編曲して陸奥鈴慕を作ったとも云われている。
 松巌軒・布袋軒・金成寺・臥龍軒は、奥州十一ヶ寺組合に所属する虚無僧寺で、それぞれ現在の岩手県花巻・宮城県増田・宮城県金成町、山形県山形市にあった。

それぞれの伝承による名称は下記の通り

1)長谷川東学(布袋軒)-及川霍友(松巌軒)-岡崎明道伝=宮城鈴慕
2)小野寺源吉(金成寺)-折登如月(錦風流)-神如道=松巌軒鈴慕(宮城鈴慕)
3)長谷川東学(布袋軒)-小梨錦水-神如道=布袋軒鈴慕(奥州鈴慕)
4)長谷川東学(布袋軒)-小梨錦水-浦本浙潮=宮城野鈴慕

※名称と曲相の違いには、①伝承中の変化、②真行草の手の違いなどの説ある。

その他のマ行の楽曲

松風 松風(生田流) 松風(山田流) 松の寿 松の緑 松前追分 ままの川 万歳 水の変態 水は器 乱輪舌 三つの景色 三津山 峰の月 都踊 都鳥 都の春 御山獅子 深山の暁 宮城鈴慕 霧海ヂ 霧霞谷 麦笛の頃 虫供養 虫の音 虫の武蔵野 無住心曲 夢中之曲 陸奥鈴慕 紫鈴法曲 明鏡 名所土産 目黒獅子 最中の月 紅葉 紅葉づくし

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介