Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-天吹-

楽曲解説 -その他-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

ページ内 目次:
 ・天吹
 ・天吹の伝承曲
 ・天吹同好会

天吹(テンプク/テンプッ)

 薩摩(現在の鹿児島県)周辺で伝承された縦笛。薩摩藩士の間で大いに愛され、吹かれていた。また、九州一円では天吹を吹いての虚無僧行脚まであったと云う。別名に薩摩三節竹とも。
 名称の由来は、大祓いの祝詞「天の八重雲吹き放つことの如く」からきているとされている。
 天吹に関する書籍としては、「薩摩の天吹について(白尾國利 著)」や天吹同好会が発行している「天吹(白尾國利 著)」などがある。

 素材にはコサン竹(布袋竹)を用い、節を3つ残した状態で使用する。管長は、約30.6cm=1尺。直径は2.5cmほどで、指孔の数は、裏1・前4と尺八と同じ。音程は、「ラ・ド・レ・ミ・ソ・ラ」だが、筒音はそのままもちいづ、沈ってソ~ソ♯の音を出す。ただし、もともと独奏楽器であった為か、それほど音程に固執せず、伝来のものはまちまちである。
 楽譜にした時の音名は、白尾氏が琴古流・都山流の尺八を学んだ為にロツレチハで書かれる。
 楽器は、①一節切からの変形、②中国や台湾伝来の縦笛・洞簫(ドウショウ)、または朝鮮伝来の短笛からの変形であると考えられている。歌口の形状・琉球や朝鮮使節との交易などから推察するに、後者の方が可能性は高いが、長さなどは一節切の影響のようでもある。また楽器が三節であるところなどは三節切の影響であったのかもしれない。

 薩摩の戦国武将・島津氏の当主も笛を好み、15代貴久公、17代義弘公、初代薩摩藩主・家久(中納言、忠常)公らの一節切が現在に伝来し、家久公に至っては箱に自作とまで墨書されている。。もしかしたら、一節切から天吹へと変化していったのかもしれない。

※ 右府・信長公も一節切を大森宗勲から学んでいたといい、愛管が現存することから、武家でかなり愛されていたことが伺える。

天吹 指孔表、尺八修理工房幻海
※↑の図をクリックで拡大します。
※天吹 指孔表が必要な方はお問い合せからご連絡くだされば、PDFかJPEG形式のファイルを差し上げます。

天吹の伝承曲

調べ 彼の山(アノヤマ) 高根(タカネ) 筒根(ツツネ・ツクネ)
テンノシヤマ センペサン イチヤナ
※テンノシヤマは、加治木の蔵王岳を指す。


※ 天吹の伝承曲を聴くことが出来ます。

イチヤナ・アノヤマ・センペサン・テンノシヤマにはそれぞれ稚児唄がある。

イチヤナ:
イチヤナア ニエモンサンナナア、ジュサンシイガハアナデ、ハナデエシオルルウ、
ヒラツドンノカアドデ

アノヤマ:
アノヤマニナア、ヒワガナア、サンビキトマルゲナア、チゴタチュツイヤゲテ、
グワジャネコオ、ジャアネエコオ

センペサン:
センペサアンセンペサアン、サッシャグチャユタイドン(ユモシタイドン)、
オマイノ(オマンサアン)アッカマラ、ヂャンコヂャンコ、ソラアノシャシモハンド

テンノシヤマ:
テンノシヤマテンノシヤマ、マレニタヤマヨ、カイノサキャスコハゲテ、
ツヅツクレバユルグワッタイ(ズルベッタイ)

天吹同好会

 天吹を伝承していた大田良一(号 忠正)が昭和30年に1月に発足した「天吹柴笛振興会」の後を引き継ぐ形で、三木原勝義・白尾國利らが天吹の伝統を後進に残そうと昭和56年発足した。
 また、白尾國利によってそれまで口伝であった製管法・運指表・伝承曲譜などがまとめられた。その後、天吹同好会は平成2年に鹿児島県指定無形文化財の保持団体として認定された。


※ 伝承者・白尾國利師の演奏と天吹同好会の合奏

【参考】
NPO法人 島津義弘公奉賛会
鹿児島県ホームページ

その他の楽曲

一閑流 根笹派錦風流 讃佛歌/御詠歌 忍流 西園流 天吹 一節切 三節切 明暗真法流 明暗対山 九州系 宗悦流 松調流 古代尺八・雅楽尺八 その他

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介