Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-鳳将雛-

楽曲解説 -ハ行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

鳳将雛(ホウショウス)

 尺八古典本曲、琴古流の本曲、裏十八曲の一曲。琴古手帳によれば、初代黒沢琴古が手付け(作曲)をし、鈴法寺の勇虎・泰巌両師に届けたものといわれている。字では「ホウショウスウ」と読むべきだが、琴古流ではホウショウスととまる。
 宇土細川家六代目藩主・細川興文(オキフミ、月翁、来鳳子)に関連する資料によれば、細川月翁作ではないかと一説には考えられている。(※佐藤晴美曰く、曲の前半1/3は琴古作、後半は細川興文作ではないかとのこと。だた幻海説では、前半部が中間にも繰り返されていること、曲の調子が他に類を見ない特殊なものであること、本曲を習い始めたばかりの人間には手が難しすぎること、などから主体はあくまで琴古だったのではないか、と考えている)。2代黒沢琴古が、鈴法寺に曲の許可をもらった時期が細川興文の免許状発行の時期と近いことから、細川興文への2代黒沢琴古からの免許取得や隠居祝いを兼ねたはなむけであったとも考えられる。
 曲名は、一説(富森虚山説)には宋の謝継新が編纂した「古今壁事類備要」の楽府纂楽曲の部の「鳳将雛者旧歌曲 前漢車騎将軍シンイン所制也」からきているのではないかとも、後漢時代に蜀の軍師で伏龍・諸葛孔明と並び鳳雛として双璧と称され、赤壁の戦いでは連環の計を献策したとされるホウ統士元(ホウトウシゲン、ホウはまだれに龍)に由来するのではないかとも考えられている(同戦いを題材にした蘇ショクの赤壁腑は漢文の傑作とされる)。また初代黒沢琴古は別号を金鳳といい、細川月翁は号を来鳳と、何かと二人は鳳凰と関連があることも曲名に関係しているのかもしれない。
 鳳将雛とはや鳳凰の雛のことで、麒麟児や神童と同じく幼くして才覚を見せる男児を意味する。曲中には雛の鳴き声を模したコロコロの手があしらわれている。

細川興文=肥後熊本支藩の宇土細川家六代目藩主。号に月翁、来鳳子、蕪月尊翁、蕉月。1723年~1785年、享年61歳
 江戸在勤中に初代黒沢琴古に尺八を学び(通説では一閑流の池田一枝について尺八を学び※近年の研究では池田一枝に学んだことは二人の年齢的に否定されている)、隠居後の明和9年(1772年)に2代黒沢琴古から免許状を受け、安永2年(1773年)には一月寺より本則を受けたといわれる。「尺八の吹き方覚書」「十八曲修了覚書」などの書を記し、鳳将雛を作曲したともいうほどの熱心な尺八大名であったという。製管もよくした。


参考音源:琴古流 鳳将雛(提供:木村氏 使用管:8寸四郎管)

鳳将雛の楽譜サンプル、尺八修理工房幻海
この参考音源の楽譜はコチラから、琴古流尺八本曲楽譜 販売中!!
電子楽譜(PDF)なら¥540

その他のハ行の楽曲

萩の露 初瀬追分 鉢返し 八段の調 初鶯 初春 初音 初音の曲 花の縁 花の雲 浜千鳥 春重ね 春霞 春風 春の曙 春の曲 春の海 春の声 春の契 春の光 春の夜 盤渉調 鑁字 ひぐらし 七福神 雲雀の曲 一二三調 比女祭 比翼の蝶 風林 笛吹童子 菜蕗 富士太鼓 藤戸 布袋軒伝三谷 布袋軒伝鶴之巣籠 布袋軒鈴慕 舟の夢 冬の曲 平和の山河 本調べ 本手調子 鳳叫虚空 鳳叫三谷 鳳将雛 鳳鐸 ホーハイ節 蓬莱 蓬莱(長唄) 星と花 ほととぎす 時鳥の曲

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介