Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-鉢返し-

楽曲解説 -ハ行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

鉢返し(ハチガエシ)

 尺八古典本曲。琴古(キンコ)流、錦風(キンプウ)流明暗対山(ミョウアンタイザン)明暗真法(ミョウアンシンポウ)流の本曲。別に鉢返調、鉢返之曲と書く。同名異曲が数種ある。
 曲名の由来は、托鉢時のお布施として出された食べ物などを入れた鉢を返すことで、お礼の意味である。その曲意は、「功徳成道の曲」。高音を取り入れた簡潔な曲で、初歩の高音の練習に都合の良い曲でもある。明暗対山のものは、荒木竹翁(2代古童)に学んだ樋口対山が移曲したもの。明暗真法流の曲も高音中心の短い曲であるが、お経と合わせることができるという。
 托鉢呼応の高音は、虚無僧同士が路上で出会ったときの両者吹き返しの合図でもあり、流派や寺によって創意があり、偽虚無僧・売僧(まいす)を見分ける為の防衛手段としても用いられた。また緊急時にもこの曲を吹いて助けを求めるとも云われている。
 曲自体は、1つの曲というよりも他の曲と続けて吹く際の転調部という感じがあり、一二三調(ヒフミノシラベ)→鉢返し、あるいは通里(トオリ)門付(カドツケ)→鉢返しへと続けて演奏され、それで1曲とすることが多い。古い琴古流や一閑流(イッカンリュウ)では、独立した曲として吹かれることもあったが今日では失われている。また、曙調子へ移調したものや雲井調子(失われてしまった)のものもある。
 三谷(サンヤ)鈴慕(レイボ)では転調部の部分名(起承転結の転のような意味)としても使用されている。

 琴古流の伝説によれば荒木古童(2代古童、竹翁)は、日本橋近辺を托鉢中に一人の虚無僧に出会い、虚無僧の礼儀としてこの曲を吹き合わせ、吹奏後に天蓋を取って名乗りあったところ、相手は当時から名人として知られていた豊田勝五郎(初代古童、風憬)であったという。その場で弟子入りを志願したというが、豊田勝五郎は許しを与えず、日を置いても散々に荒木が言い募るのでついには弟子入りを許した。

[托鉢の時や施主の布施を受ける時に唱えられる偈]

財法二施 功徳無量 檀波羅蜜 具足円満乃至 法界平等利益

訳:物と心の二つの施しは等しく差別なく限りない功徳を持ち、布施の智慧を完成させ、それにより法界で平等の利益を得られる


※参考音源 明暗真法流 鉢返ノ曲(使用管:虚無僧尺八 一尺八寸 正山作)


※参考音源 明暗対山 一二三調鉢返し(一二三調0:00~ 鉢返し3:19~)


※参考音源 根笹派錦風流 鉢返し


※参考音源 琴古流 一二三調鉢返調(一二三調0:00~ 鉢返し2:16~)
(提供:木村氏 使用管:8寸四郎管)

一二三鉢返しの楽譜サンプル、尺八修理工房幻海
電子楽譜(PDF)鉢返調なら¥324
電子楽譜(PDF)一二三鉢返調なら¥540
電子楽譜(PDF)一二三鉢返寿調なら¥648
電子楽譜(PDF)一二三鉢返しと曙調の対照譜なら¥540

その他のハ行の楽曲

萩の露 初瀬追分 鉢返し 八段の調 初鶯 初春 初音 初音の曲 花の縁 花の雲 浜千鳥 春重ね 春霞 春風 春の曙 春の曲 春の海 春の声 春の契 春の光 春の夜 盤渉調 鑁字 ひぐらし 七福神 雲雀の曲 一二三調 比女祭 比翼の蝶 風林 笛吹童子 菜蕗 富士太鼓 藤戸 布袋軒伝三谷 布袋軒伝鶴之巣籠 布袋軒鈴慕 舟の夢 冬の曲 平和の山河 本調べ 本手調子 鳳叫虚空 鳳叫三谷 鳳将雛 鳳鐸 ホーハイ節 蓬莱 蓬莱(長唄) 星と花 ほととぎす 時鳥の曲

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介