Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-秋の曲-

楽曲解説 -ア行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

秋の曲(アキノキョク)

幕末頃に二世吉沢検校が作曲した。元は箏一面で調弦は古今調子を使用し、歌詞は古今和歌集の秋を題材にしたものを借用している。

一、きのふこそ早苗取りしかいつの間に 稲葉そよぎて秋風の吹く
二、久方の天の川 原の渡し守 君渡りなば楫隠してよ
三、月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身一つの秋にあらねど
四、山里は秋こそことにわびしけれ 鹿の鳴く音に目を覚ましつつ
五、散らねどもかねてぞ惜しきもみぢ葉は 今は限りの色と見つれ
六、秋風の吹き上げに立てる白菊は 花かあらぬか波の寄するか

春の曲夏の曲冬の曲と同様に組歌形式を参考に作られた曲で古今和歌集の歌を使おってり、落ち着いた上品な雰囲気をかもし出している曲である。千鳥の曲、春の曲、夏の曲、冬の曲と合わせて「古今組」とも称される。これらの曲は、明治時代に松坂春栄(1854~1920年)に替手をともなう手事が加えられ、手事もにされてしまった。現在では、そちらの方がもっぱら有名になっている。

吉沢検校(二世)=関名は吉沢審一。生田流で主な活躍地域は名古屋・京都。
光崎検校(ミツザキケンギョウ)の幕末新筝曲の影響を受け、三味線から離れた箏だけの曲を作曲した。古今組(吉沢検校が作曲した代表曲郡の総称)は、新しく工夫をした調弦・古今調子を使用し、歌詞は古今和歌集に収集されているものを使用している。

その他のア行の楽曲

相生の曲 葵の上 青柳/新青柳 秋風の曲 秋田 秋の曲 秋の言の葉 秋の調 秋の山唄 秋の夜 曙三谷 曙鹿の遠音 曙菅垣 曙調 朝風 朝戸出 朝の海 朝緑 芦刈 葦の調 阿字 阿字観 飛鳥鈴慕 吾妻獅子 吾妻獅子(地歌) 綾衣 菖蒲浴衣 新玉の曲 有馬獅子 あれ鼠 葦草鈴慕 十六夜日記 五十鈴川 伊豆鈴慕 磯千鳥 磯の春 磯節 一定 五木の子守唄 一息 稲上げ唄 今小町 祖谷の粉挽唄 岩清水 浮舟 臼の声 宇治巡り 歌恋慕 打替虚霊 打盤 海辺の夕映 梅の月 梅の宿 浦霞 回向 江差追分 越後追分 越後三谷 越後獅子 越後鈴慕 越中おわら節 越天楽 恵傳楽 江戸土産 扇盡 奥州流し 王昭君 近江八景 大内山 岡康砧 翁の曲 お立ち酒 尾上の松 朧月曲 朧月夜

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介