Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-朧月曲-

楽曲解説 -ア行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

朧月曲(オボロヅキノキョク、オボロヅキ)

 尺八本曲。九州明暗の重鎮であり、尺八の名人としても知られる津野田露月(ツノダロゲツ、明暗露月)の作(昭和3年ごろの作か)。
 九州を代表する古典本曲であり、流しの曲でもある薩慈(サシ)の曲調をもとにしたものと思われる。また調子虚鈴、乙甲の入れ替わる部分などは明暗真本流(露月は真法流にも造詣があり、楽譜は旧京都明暗寺のフホウエ式を推奨していた)など、他の古典本曲の曲相も感じられ、短い曲ではあるが、非常に変化があって面白い。現在ではほとんど忘れ去られ、吹かれなくなったのは非常に残念な曲である。
 似た曲名に明暗真法流の朧月夜があるが、まったく異なる。


尺八本曲 朧月曲(使用管:地無し1尺8寸 幻海作)

【津野田露月 筆(大明暗 第一巻4号より)】
人籟は人の心より発し、地籟は地の心より発し、天籟は天の心より発す。
唯、それ空籟は天地人にかかわらずして、無心の境より発す。
故に万法を兼ねて天地人に徹す。
空海は高野の暁に三宝(仏・法・僧)の声を聞きて、
豁然大悟(かつぜんたいご)す。
曰く、一鳥声有り声心あり、声心水倶に了々と。
一鳥無心に啼きて、声に三宝の心有り、雲水鳥声に聴き入って心境虚無なり。
脱然として悟徹する、これ三宝を超越して三宝を得たるか。

一枝の尺八を奔する、これ口頭指端の芸と思うべからず。
息心の練磨修行を積んで、運指自ら相和するに在り。
技にこだわるべからず、音に迷うべからず。
心頭を滅却して、虚無吹断す。
一管に空籟を籠めて、無韻を聴く。
人事の垢塵(こうじん)を一吹に去り、俗心爽然として一音浄化するの妙技に在り。
座傍の一管躍々として、生気を発す。
しかれども、技術を練磨して、有韻を味わうことを怠るべからず。
これ、一枝の尺八に心境を打開して、明暗双打の妙諦を了得するの修行なり。

その他のア行の楽曲

相生の曲 葵の上 青柳/新青柳 秋風の曲 秋田 秋の曲 秋の言の葉 秋の調 秋の山唄 秋の夜 曙三谷 曙鹿の遠音 曙菅垣 曙調 朝風 朝戸出 朝の海 朝緑 芦刈 葦の調 阿字 阿字観 飛鳥鈴慕 吾妻獅子 吾妻獅子(地歌) 綾衣 菖蒲浴衣 新玉の曲 有馬獅子 あれ鼠 葦草鈴慕 十六夜日記 五十鈴川 伊豆鈴慕 磯千鳥 磯の春 磯節 一定 五木の子守唄 一息 稲上げ唄 今小町 祖谷の粉挽唄 岩清水 浮舟 臼の声 宇治巡り 歌恋慕 打替虚霊 打盤 海辺の夕映 梅の月 梅の宿 浦霞 回向 江差追分 越後追分 越後三谷 越後獅子 越後鈴慕 越中おわら節 越天楽 恵傳楽 江戸土産 扇盡 奥州流し 王昭君 近江八景 大内山 岡康砧 翁の曲 お立ち酒 尾上の松 朧月曲 朧月夜

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介