Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-曙調-

楽曲解説 -ア行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

曙調(アケボノノシラベ/アケボノチョウ)/

 尺八古典本曲、あるいは調子としての名称。江戸中期ごろから用いられる尺八五調子のなかの曙調子にあたるということで、この名がある。曲名としては「アケボノノシラベ」と詠み、調子としては「アケボノチョウ」と詠むのが正しいだろう。曙調子の旧調子名は、一越調子になる。
 琴古流(キンコ)の本曲の場合は2種類あり、一つは吉田一調譜に記述されている伝承が途絶えてしまったもの(曙調。黄鐘調とも、注1)と荒木竹翁(2代目古童)が一二三鉢返から移調したもの(「竹翁入れこの手」と呼ばれる旋律の追加は曙調では省かれている)。三浦琴童の琴古流尺八本曲楽譜によれば現在もっぱら演奏されるのは、一二三鉢返調の曲の重奏用移調曲である。
 その他、霧海ヂ鈴慕虚空鈴慕転菅垣栄獅子などを移調したものがあり(黒沢琴古が移調したと云われている)、さらに鹿の遠音を曙調にしたものもある。曙菅垣は、何かの菅垣を移調したものと考えられているが原曲は不明。
 明暗対山(ミョウアンタイザン)の本曲の場合、俗に奥州鈴慕と呼ばれる曲を一尺八寸管で吹奏する時に、一尺三寸管で裏吹きする時の手のことをいう。
 また、根笹派錦風流の本曲の本調子(根笹調)に対する裏調子の一つ(本調べに対して5律上)も、それぞれの曲にある。

【1尺8寸管の場合】
本調子=ロ(D)、ツ(F)、レ(G)、チ(A)、ハ/リ(C)
曙調子=レ(G)、ハ/リの大メリ(B♭)、ハ/リ(C)、ロ(D)、ツ(F)
本調子1尺8寸=曙調子1尺3寸/2尺5寸(5律上/7律下)

注1:黄鐘調の名称は、終止音が曙調の場合はチ(D)になり、それを1尺8寸の指のチ(A)に当てはめると黄鐘調であることからだと思われる。移動ドと移調が混ざって少し難解になっている。単純に調子名であるなら一越調子が正しいが、あくまで1尺8寸を基準に合奏を想定した名称だと思われる。曙調子など五調子の解説は用語集・あるいはコラム「調子考」へ。


参考音源:琴古流 曙調(提供:木村幽月氏 使用管:8寸四郎管)

曙調の楽譜サンプル、尺八修理工房幻海
この楽譜はコチラから、琴古流尺八本曲楽譜 販売中!!
電子楽譜(PDF)曙調子なら¥324
電子楽譜(PDF)曙一二三ノ調なら¥216
電子楽譜(PDF)曙鉢返ノ調なら¥216
電子楽譜(PDF)一二三鉢返しと曙調の対照譜なら¥540


参考音源 世界初:琴古流 曙鈴慕(提供:木村幽月氏 使用管:8寸四郎管)


参考音源 世界初:琴古流 曙虚空(提供:木村幽月氏 使用管:8寸四郎管)


参考音源 世界初:琴古流 転菅垣 曙調子(提供:木村幽月氏 使用管:8寸四郎管)

その他のア行の楽曲

相生の曲 葵の上 青柳/新青柳 秋風の曲 秋田 秋の曲 秋の言の葉 秋の調 秋の山唄 秋の夜 曙三谷 曙鹿の遠音 曙菅垣 曙調 朝風 朝戸出 朝の海 朝緑 芦刈 葦の調 阿字 阿字観 飛鳥鈴慕 吾妻獅子 吾妻獅子(地歌) 綾衣 菖蒲浴衣 新玉の曲 有馬獅子 あれ鼠 葦草鈴慕 十六夜日記 五十鈴川 伊豆鈴慕 磯千鳥 磯の春 磯節 一定 五木の子守唄 一息 稲上げ唄 今小町 祖谷の粉挽唄 岩清水 浮舟 臼の声 宇治巡り 歌恋慕 打替虚霊 打盤 海辺の夕映 梅の月 梅の宿 浦霞 回向 江差追分 越後追分 越後三谷 越後獅子 越後鈴慕 越中おわら節 越天楽 恵傳楽 江戸土産 扇盡 奥州流し 王昭君 近江八景 大内山 岡康砧 翁の曲 お立ち酒 尾上の松 朧月曲 朧月夜

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介