Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-阿字観-

楽曲解説 -ア行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

阿字観(アジカン)

 明暗系の古典本曲、博多一朝軒伝の本曲。薩慈(サシ)の一種。阿字観は宮川如山(ミヤガワニョザン)による編曲とされている。他に明暗対山の「阿字曲(アジノキョク)」があるが曲想はことなる。名称、阿字観の由来は不明。その由来を尋ねても如山曰く、「樋口(対山)のは、阿字。わしのは阿字観たい」と、生涯口外しなかった(富森虚山・谷狂竹 談)とのこと。谷北無竹曰く、樋口対山・宮川如山両名の申し合わせによって、薩慈から似た語呂の阿字に変えたという。のちに(戦前26年ごろ福岡で)谷北無竹の勧めで宮川如山のものに「観」の一字を足し、阿字観と名乗るようになったという。
 阿字観のどこまでも自己の鍛錬による救済(剛、動、自力本願)に対して、如意は目に見えないものや他力による救済(柔、静、他力本願)を現している。

 宮川如山(福岡江月院の系統、のち樋口対山に師事、熊本出身)の音は、豪放磊落・一気呵成が持ち味で、この阿字観も歯切れのよい奥州系のユリ奏法(布袋軒の長谷川東学から教授された)と流れるような吹奏が特徴的であったが、弟子の谷狂竹(タニキョウチク)がのちに長管(源雲界からぶんどった2尺5寸1分の愛管)でゆったりとした奏法に変更した。これが原因で如山は狂竹を破門している。如山曰く、「狂竹崩しの阿字観になってしまったタイ」とのこと。もっとも、狂竹は平気な顔で破門後も出入りしていたらしいが・・・。現在は、もっぱら狂竹のゆったりとした阿字観が主流のよう。
 親友である津野田露月(ツノダロゲツ)や神如道(ジンニョドウ)等も度々、「直々に阿字観を教えてほしい」と懇願するが、「すでに他から習い、自分流に吹いており、他所で如山からこう習ったといわれては困る」と頑なにこれを拒み、神如道にいたっては諦めきれずしばらく家の角に立って如山が練習するのを盗み聞いた、との逸話もある。
 阿字観の中に出てくる特徴的な首振りとユリの旋律型をあわせて、通称「十三冠り(ジュウサンカムリ)」と呼ばれる。これは、托鉢の際の鈴の音を現しているという。この音型は、九州にもともとあったものというよりも、如山が奥州系の長谷川東学(ハセガワトウガク)から学び得たものである。このユリは、盥一杯の水をこぼさないように揺れる様や笊でもみ殻を飛ばすなどの動きを真似ているともいい、体得することは非常に難しい。

 阿字とは、もともと梵字で大日如来の種子字を意味し「阿字で始まり阿字で終わる」と言われ、宇宙万有=虚空を含むと説かれる。ほかに軍荼利明王、火天、火神、日光菩薩、日天、阿修羅などが、この阿字を種子字とし、総通字として全ての諸尊を示す場合もある。
 阿字観とは、弘法大師空海が伝えた真言密教の精神集中法の一種で、梵字に向かってひたすら集中・瞑想するものである。その瞑想法として阿息観(アソクカン)・月輪観(ガチリンカン)・阿字観がある。座禅に共通するところがある。


参考音源:一朝軒伝 阿字観(地無し古管 律8寸管を使用)

その他のア行の楽曲

相生の曲 葵の上 青柳/新青柳 秋風の曲 秋田 秋の曲 秋の言の葉 秋の調 秋の山唄 秋の夜 曙三谷 曙鹿の遠音 曙菅垣 曙調 朝風 朝戸出 朝の海 朝緑 芦刈 葦の調 阿字 阿字観 飛鳥鈴慕 吾妻獅子 吾妻獅子(地歌) 綾衣 菖蒲浴衣 新玉の曲 有馬獅子 あれ鼠 葦草鈴慕 十六夜日記 五十鈴川 伊豆鈴慕 磯千鳥 磯の春 磯節 一定 五木の子守唄 一息 稲上げ唄 今小町 祖谷の粉挽唄 岩清水 浮舟 臼の声 宇治巡り 歌恋慕 打替虚霊 打盤 海辺の夕映 梅の月 梅の宿 浦霞 回向 江差追分 越後追分 越後三谷 越後獅子 越後鈴慕 越中おわら節 越天楽 恵傳楽 江戸土産 扇盡 奥州流し 王昭君 近江八景 大内山 岡康砧 翁の曲 お立ち酒 尾上の松 朧月曲 朧月夜

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介