Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-稲上げ唄-

楽曲解説 -ア行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

稲上げ唄(イネアゲウタ/イナアゲウタ)/
ザラントショウ

 宮城県の民謡。もともとは山子唄・馬子唄・田植え唄などとして東北地方で唄われていたものの節を利用して、昭和14~15年ごろに民謡尺八の大家である後藤桃水が曲を工夫し、古典本曲家で日本民謡の研究者(日本民謡協会初代理事)でもある医師の浦本政三郎(号 浙潮)が歌詞を作ったという。後藤桃山が改名・編曲したものには、他に秋の山唄夏の山唄などがある。
 「ザラントーショウ」は稲穂がたくさん実り、風に揺れる時の擬音。

今夜ここに寝て
明日の晩はどこよ
明日は田の中 畔枕(あぜまくら)
ザラントーショーウ ザラントーショーウ

秋が来たのに
田んぼの案山子(かかし)
誰に見しょうて 水鏡(みずかがみ)
ザラントーショーウ ザラントーショーウ

畔を枕に
月の出を待てば
月は照る照る 夜明けまで
ザラントーショーウ ザラントーショーウ

今夜の寒さに
お山は雪よ
黒馬(あお)も寒かろ 冷たかろ
ザラントーショーウ ザラントーショーウ

その他のア行の楽曲

相生の曲 葵の上 青柳/新青柳 秋風の曲 秋田 秋の曲 秋の言の葉 秋の調 秋の山唄 秋の夜 曙三谷 曙鹿の遠音 曙菅垣 曙調 朝風 朝戸出 朝の海 朝緑 芦刈 葦の調 阿字 阿字観 飛鳥鈴慕 吾妻獅子 吾妻獅子(地歌) 綾衣 菖蒲浴衣 新玉の曲 有馬獅子 あれ鼠 葦草鈴慕 十六夜日記 五十鈴川 伊豆鈴慕 磯千鳥 磯の春 磯節 一定 五木の子守唄 一息 稲上げ唄 今小町 祖谷の粉挽唄 岩清水 浮舟 臼の声 宇治巡り 歌恋慕 打替虚霊 打盤 海辺の夕映 梅の月 梅の宿 浦霞 回向 江差追分 越後追分 越後三谷 越後獅子 越後鈴慕 越中おわら節 越天楽 恵傳楽 江戸土産 扇盡 奥州流し 王昭君 近江八景 大内山 岡康砧 翁の曲 お立ち酒 尾上の松 朧月曲 朧月夜

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介