Top -トップ->Study -尺八の考察->-楽曲解説->-三谷菅垣-

楽曲解説 -サ行-

 邦楽の様々な楽曲の由来や解説などを知り、より演奏を楽しむ為の考察です。

三谷菅垣(サンヤスガガキ)

 琴古流(キンコ)の古典本曲、裏組の一曲。同名である三谷の伝承系統のレパートリーの一つで、本調子から雲井調子へ移されたものだと思われる(※)。他に伝わる三谷の名を冠する曲と比べるとかなり曲調が異なっている。
 琴古手帖によれば、長崎正寿軒で一計子という虚無僧(同寺に所属するかは不明)より伝来したと書かれている。もともと三谷は、奥州系から西へ移ったと考えられているが、九州地方にこの曲があったことは非常に興味深く、面白い。別字に菅掻、菅攬、清攬と書く場合も。
 ただし、三谷と呼ぶには、特徴でもある三つの高音など、曲のメリハリがない。が、菅垣の特徴のフレーズの繰り返しはみられる。個人的には、何かしらの菅垣(三段菅垣か?三味線などの菅垣物)から、移曲の過程で雲井調へ移調し、いつのまにか三谷菅垣の名称に訛ったのではないかと思う。この曲のみカリで行なわれるフレーズの「ツレー(コラム「ツレに見る流派地域の特徴」を参照)」などは明暗系に共通するように思われる。

一閑流の宮地一閑の門人・山本某が残した書付によると三谷菅垣は唯一古代から伝わる双調の曲でこれをもとに初代琴古は霧海ヂ虚空転菅垣栄獅子を双調(雲井調)と黄鐘調(曙調)に移曲したという。

[尺八秘書 原文]
音楽には六調子の楽あり、五調子の外に大食調(タイシキチョウ)、賀殿楽は壱越調の楽なり、千秋楽は盤渉調なり、太平楽は大食調なり、何れの調子へも渡る物を渡し物と云うよし、尺八の曲、五調子の曲なし、ただ古よりあるは三谷菅垣なり、これ双調の曲なり、これを雲井調子と名付け、古琴古先生霧海ヂ虚空転獅子の四曲に双調黄鐘の手を付る、これすなわち雲井調子曙調子なり

伝承の可能性としては、

①一計子あるいはそれ以前の虚無僧が西から移動して長崎に伝えた
②本調子から移調したものが当流へ伝わった
③本調子もあったが途絶え、移調したものが残った
④菅垣という琴の技法を冠する所から琴などに取り入れられた曲を再移曲した
⑤もともと別名の曲で名称を後から変更した
⑥奥州発祥という説がそもそも間違い

といったものが考えられる。が、大怒佐(おおぬさ、三味線の古楽譜)には「さんやすががき」という曲があったと記述されていることから、おそらく箏・三味線との合奏曲からの尺八独奏曲として移曲(あるいは尺八パートのみを伝聞)し、一計子から伝来した可能性が高い。


※参考音源 琴古流 三谷菅垣(提供:木村氏 使用管:8寸四郎管)

三谷菅垣の楽譜サンプル、尺八修理工房幻海
この参考音源の楽譜はコチラから、琴古流尺八本曲楽譜 販売中!!
電子楽譜(PDF)なら¥432

その他のサ行の楽曲

西行桜 栄獅子 嵯峨の秋 嵯峨の春 下り葉 桜狩 桜川・新桜川 さくら変奏曲 狭衣 笹の露 薩慈 佐渡おけさ 狭筵 佐山菅垣 沢内甚句 讃加羅菅垣 さんさ時雨 三谷 三谷菅垣 三谷清覽 残月 懺悔文 潮風 鹿の遠音 四季の艶 四季の寿 四季の眺 獅子 獅子物 志図ノ曲 信濃追分 霜夜 下野虚霊 松蔭の月 松巌軒鈴慕 焼香文 松上の鶴 松竹梅 庄内おばこ 頌和楽 石橋 秋情 俊寛 上州馬子唄 新浮舟 新暁 新七薩慈 新巣籠 新生 新雪月花 新相馬節 新高砂 神保三谷 新娘道成寺 深夜ノ曲 深夜の月 瑞光 末の契 末広狩 すががき 助六 巣籠物 芒野鈴慕 鈴鹿馬子唄 住吉 青海波 赤壁の賦 せきれい 巣鶴鈴慕 相馬流れ山 ソーラン節 袖香炉 袖の露 磯馴松 園の秋 蘇莫者

尺八製管・販売、その他周辺アイテムなど、尺八修理工房幻海

文字サイズ拡大

観づらい場合の文字サイズ
拡大方法はコチラから

尺八に問題が?

練習してるのに・・・
どうも吹きにくい

修理・お見積りのお問い合せ、尺八修理工房幻海

 毎日、尺八を練習しているのにどうも上手く音が鳴らない、鳴り辛い・・・もしかしたら、尺八に問題があるのかもしれません。そんな時はプロに相談。あなたの尺八に問題がないか調べます。お問合せへ

尺八を始めよう!

各地の稽古場・
 教授者の紹介